「4代目プリウス」

はい。

それでは今日も張り切って語らせて頂きたいと思います

私は東京モーターショーと言うお祭りも終わってしまい、

少し寂しさを感じてしまっています

そして、気が付くと今年も残すところ早くも2か月足らずとなっています

何だかさらに寂しく思えてしまうのでホットな話題がないものか考えてみました。

そう言えば今年も多くの新型車が発表、発売されましたね。

そして年内発売を控えている車があります。

そこで今日のお題は「4代目プリウス」です。

プリウスと言えばかなりのビッグネームですね。

そしてこの4代目プリウスはすでに12月9日に発売と発表されております。

トヨタ自動車のホームページでは新型プリウスの写真やニュースをまとめたコーナーがありますのでそちらも参考になさって頂きたいと思います。

そちらもすでご覧になった方や今回の東京モーターショーやその他ネット上でその姿をご覧になった方も多いかと思われますが

まず目を引くのはその外観のデザインではないでしょうか

現行の流れを汲んでと言う表現になるのでしょうか?

かなり斬新なデザインとなっていると思います。

特に後ろ側から見たその形は燃料電池車の「MIRAI」と似ている様に感じました。

さらに少し前に発売されたシエンタもライト周りが個性的な印象を受けましたが、

これからのトヨタはこの流れのデザインになって行くのかもしれませんね。

さて話を戻すとこの(新型)4代目プリウスは早くその外観をカスタマイズ出来そうであります。

レクサスの様な顔つきになっている写真が公開されていますし、

G’s仕様のプリウスも近いうちに出るのではないかと予想もできます。

そしてこの4代目プリウスの詳しいスペックはわからないのですが、

JC08モードの燃費が40㎞と言われています。

実際はどのくらいになるのか?

およそ30㎞/リッターとしても凄い数字だと思います。

そして個人的に興味を持ったのが

「4.2インチのツインメーター」

写真で見るとあまり大きく感じないのですが、

右側にメーター類を表示し

左側はステアリングスイッチで情報(?)の切り替えが出来るらしいです。

それと

「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」

なるものがあり、

後退開始位置への誘導とハンドルアシスト機能があるらしいです。

これに似た機能は以前から他社なども扱っていましたが、

最近はこの手の自動運転の布石的な機能を目にする事が多くなって来た様にも感じました。

さて、今回の4代目プリウスのお話。

情報的にはあまり多くはありませんでしたが、

購入するしないに関わらずその発売に注目してしまう車種ではないでしょうか?

それでは今日はこの辺で。

安全で楽しいカーライフをお楽しみ下さい。

route11でした。